FC2ブログ

高齢者のインフルエンザ予防接種の接種期間延長について  2017-18年度インフルエンザ予防接種の状況について (第5報)


注射
2017-18年度インフルエンザワクチン供給不足が続いている為、今年度は65歳以上の高齢者インフルエンザ公費負担の期間が延長されておりますのでお知らせいたします。

【接種期間】平成29年10月15日~平成30年1月31日(水)まで延長

【対象者】四国中央市の方で(1)または(2)に該当する方
   (1)65歳以上の方で、かつ接種日に65歳以上の方
     (平成30年1月1日以降に65歳になる方は公費補助の対象にはなりません

   (2)60歳以上65歳未満の方で、心臓・腎臓・呼吸器または免疫機能の障害により、自己の身辺の日常生活生活が極度に制限される程度の障がいを有する方(身体障害者手帳の写しもしくは医師の証明書のある方。) (平成30年1月1日以降に60歳になる方は公費補助の対象にはなりません)

当院はワクチン学会に所属した医師が、子どもだけでなく成人の方の予防接種の相談・実施しております。
ご家族のかかりつけ医として、年齢や病状、流行に応じた適切な予防接種案内を心がけておりますのでお気軽にご相談ください。

関連記事